地獄との平行線

教養という壁の向こうに人生は定義されている

何もないのが当たり前

数少ない友達とのメールの内容と文字数に悩む。

長いと読むの面倒だし、短いと素っ気ないし。

何も変わらない日常が続くだけで大きな事なんてもんはない。

寂しさを埋める為のメールが逆に寂しさを増してしまったら本末転倒。

いい感じの距離感って難しい。

考えるな、感じろ。だな。