俺が俺である理由

俺は絶対眠らない 眠りと言うのは、死の従兄弟みたいなものだから 教養という壁の向こうに人生は定義されている だから俺は犯罪に走る

映画が観たくて金払ってんのに

無為に時間だけ過ぎてって映画は観なかった。

時間はたっぷりあるのに使い方下手すぎて呆れてる。

確実に観られるのが映画館と店舗で借りてきた時だ。

宅配だと期限が迫って来ても結局観ないで返却する散財っぷり。

動画配信サービスだとたくさん観たいリストは作るもあれこれ食い散らかし最後まで観らない。

慢性的な気力のなさは深刻。