俺が俺である理由

俺は絶対眠らない 眠りと言うのは、死の従兄弟みたいなものだから 教養という壁の向こうに人生は定義されている だから俺は犯罪に走る

気分が急降下

ああ、まただよ。

ほんまにやっとられんわ。

出ようとして朝から準備してたのに出られず時間切れじゃわ。

映画を観たいんで映画館へ行こうかと思うとったけど、出来んかった。

自意識が内側にめり込んで行く。

気にしなくていい事も過剰に気にして失敗に終わってしまった。

色々としんどいから気分転換をしたかったんじゃけどダメじゃった。