地獄との平行線

教養という壁の向こうに人生は定義されている

ゆるふわ

インストゥルメンタルしか聴けない状態になってしまった。

人の歌声は感情が突き動かされるので精神的に下がる事の方が多くなって聴けなくなった。

嫌な事を繰り返し考えるより音を聴いて楽しみたい。