俺が俺である理由

教養という壁の向こうに人生は定義されている

嘆息

人生は地獄へと続く平行線って、まったくそうだよと思ってしまう。