俺が俺である理由

教養という壁の向こうに人生は定義されている

小説は読まない派

厳しい毎日の中で楽しみ見つけるしかなさそう。

読書嫌いなのに本買うのやめたい。

雑誌とエッセイしか読み通したことなんてない。

小説は売ろう。

広告を非表示にする