俺が俺である理由

俺は絶対眠らない 眠りと言うのは、死の従兄弟みたいなものだから 教養という壁の向こうに人生は定義されている だから俺は犯罪に走る

家を出る、か。

考えても仕方ない。

家だと煮詰まるだけだ。

忙しくすれば変わるんだ。

映画館か、本屋か、他には行くとこ思いつかん。