俺が俺である理由

教養という壁の向こうに人生は定義されている

それだけ

俳句を作る今の俺にできるのはそれだけ。

映画を借りてみたい欲求もある。

気力回復したい。