俺が俺である理由

俺は絶対眠らない 眠りと言うのは、死の従兄弟みたいなものだから 教養という壁の向こうに人生は定義されている だから俺は犯罪に走る

計画は頓挫してしまった

遠くの映画館へ行こうとして準備してるうちに間に合わなくなった。

余裕持って行動してたけど、家を出る前になるとあれこれ思いついて失敗に終わるというありがちなパターン。

夜に一人で遠出するの大の苦手だし、しゃあねえかと思う事にした。