俺が俺である理由

教養という壁の向こうに人生は定義されている

楽しく過ごして行きたいだけ

調子上げて元気だしてこうぜ。

頑張れ自分。

やっぱり外に出るしかないんか。