俺が俺である理由

教養という壁の向こうに人生は定義されている

一進一退

気力回復がいちばんの課題。

どうにかしないと楽しみも生活も何もかもできなまま。