俺が俺である理由

俺は絶対眠らない 眠りと言うのは、死の従兄弟みたいなものだから 教養という壁の向こうに人生は定義されている だから俺は犯罪に走る

新しい刺激を求めて

Yuck少し飽きてきた。

羊文学は少しも飽きないのが不思議だ。

魅力があるってことか。